So-net無料ブログ作成
検索選択
FRANCE ブログトップ

2009ストラスブール&パリのじぶんオミヤともくじ [FRANCE]

ついに新型インフルエンザの国内感染が始まってしまったですね。
いつかは、とは思っていたけれど。
ついこの間、我が職場大奥でも、国内での新型インフル感染が広がったときの勤務体制についての打ち合わせがあったんだけれど、ちょっぴり想像力を働かせて、身の回りに感染者が何人か出て政府から外出禁止令が出て、なんて考え出したら、ぶるぶるぶるっ、と。
今は弱毒性だから、大騒ぎする必要はないんですけど、ね。
でも、今朝、名駅にお買いモノに出たんだけど、やっぱりマスク着用で。
神戸市とその周辺の方々は日常生活に影響が及んでますよね。

さて、そんな騒ぎが起こる直前に行ってきたフランス旅の締めくくり。
アレもコレも買うわヨ~、と鼻息も荒かったんだけれど、今回はこっちの方はあんまりで。
アタクシをよく知るヒトたちは、どんな散財をしてくるんだろう?とブラックな期待をしていてくださったようですが、その期待には応えられなんだ(汗)
洋服は、ストラスブールの青空市で買った10ユーロバルーンスカートくらい。
コスメはセントレアの免税店でスキンケア系をちょいと。
こんなのは写真もナシです。
オサレ系では、ま、ココんちでは「パリに来たゾ☆」と何かしら買っておかねばというキモチで・・・
09franceomiya (4).JPG コレットのネイル
5年前のパリ新名所はワコウドで溢れかえっておった。
コレット、5年前に比べると敷居が低くなっていた気がする。
単にアタクシが年くっただけか。オホホホ!
オネエ系でアフリカンのカッコイイオニイサンが優しく真剣に一緒になって色選んでくれました♪
それから、頼まれで行ったルイ・ヴィトン。
09franceomiya (1).jpg 小さいアクセサリーポーチ☆
らしくないハイブランド(汗)
お友だちのMネーサンにインスパイアされて、いくつか小物を持っているの、実は。
若いときはスキじゃなかったんだけど、アマノジャク的にね。
実際、その価格帯は判っていても、ナゴヤでココんちのバッグを下げているヒトで垢抜けたヒトがあんまりいないんだもん。
でも、年のせいかしら、コレも。
このトラディショナルなモノグラムの小物にヤラれているのであります。
Mネーサンのご依頼品を求めにいって、目にしたコレを思わず連れて帰ってきてしまった。
使うアテはありません(爆)
食べモノ系はベーシックに。
09franceomiya (2).jpg ベストカップル賞♪らしい。
アルザス名物の2品。
コルマールからのアルザスワイン街道でおじゃましたワイン農家で入手した極甘ワインとアルザスのフォアグラ。
この極甘ワインはハンガリーのトカイワインと同じブドウ同じ手法で作られているそう。
しかし、「トカイ」名乗れるのは、ハンガリーだけなんだって~。
フォアグラといったら重口の赤!と決めつけていましたが、この旅で甘い白とのマッチングもなかなか♪と知り、ウチに連れて帰ってまいりました。
まだ、いただいておりませぬ。
そしてそして・・・
09franceomiya (5).JPG 09franceomiya.JPG
メゾン・ド・ショコラのプラリネちゃん☆
どんなだったって?言うまでもナシ。
毎日1粒づつ、楽しんどります・・・フリーズドライのコーヒーと共に(汗)
残る1品はジャンキーでヤミーなコレ!
09franceomiya (3).jpg ヨーロッパのヒトは大スキらしい。
チョコレートクリームじゃなくて、ナッツクリーム。
へーゼルナッツクリームなのかなぁ?
ホテルの朝ゴハンにも、このクリームの1回分パックがありました。
もともとピーナッツバターを含めてナッツクリーム系がスキなんだけれど、今回のフランス滞在中に何度もいただきました。
で、帰りのシャルル・ド・ゴール空港の売店で見つけて思わず連れて帰ってきた次第。
キエモノ中心のじぶんオミヤであったです。

さてさて、軽く行程をおさらい。
4月5日(日) ←記事はコチラ
 10:00 AF295便  中部国際空港発→15:35 シャルル・ド・ゴール空港着
 16:55 AF7765便 シャルル・ド・ゴール空港発→18:00 ストラスブール到着
 メトロポール・モノポールホテル@ストラスブール泊
4月6日(月) ←記事はコチラ
 ストラスブールパスでストラスブール散策
 ノートルダム大聖堂、イル川遊覧船、アルザス博物館などなど
 メトロポール・モノポールホテル@ストラスブール泊
4月7日(火) ←記事はコチラ
 国鉄に乗ってコルマールへ
 コルマールからアルザスワイン街道ツアー
 オー・クニクスブール城、リボーヴィレ、リクヴィル、カイゼスベルグ、テュルクハイム、エギスハイムなどなど
 メトロポール・モノポールホテル@ストラスブール泊
4月8日(水) ←記事はコチラ
 再びストラスブールを1日散策
 オミヤ買い、ノートルダム大聖堂の天文時計、ワイン博物館、現代美術館などなど
 メトロポール・モノポールホテル@ストラスブール泊
4月9日(木) ←記事はコチラ ストラスブールからTGVでパリへ移動
 ぶらぶらパリの街歩き
 ラディソン・アンバサダーホテル@パリ オペラ泊
4月10日(金) ←記事はコチラ
 パリを1日散策
 ノートルダム寺院、サンマルタン運河、オミヤ買いなどなど
 ラディソン・アンバサダーホテル@パリ オペラ泊
4月11日(土) ←記事はコチラ
 パリ散策最終日
 オランジュリー美術館、シャンゼリゼ大通り
 18:00 AF296便 シャルル・ド・ゴール空港発
4月11日(日)
 12:50 中部国際空港到着

イイ旅でありました。
また行きます。
・・・いつになるのかしら~?

タグ: フランス
nice!(8)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

念願のミュゼも行った♪最終日(2009ストラスブール&パリ) [FRANCE]

このフランス旅をココにキロクしていて、気がついた。
ヒトの優しさに感動して帰ってきたというのに、既にそれ忘れとります。
情けない(汗)
我が職場大奥の大ボスからアタクシが電話で「キキキキキ~」としゃべっている、と。
「ソレ、おサルだがん!ハハハ!!」と、対面に座る姫リアクション。
ぁあ!いかんいかんいかん(汗)
ごめんなさい、コオロギさん(←名前に非ず。顔が似てる、電話の相手。)。
アタクシ、この連休が明けたら、もう一度心を入れかえますワ。

はい、この旅のキロクも最終回。
また、長いです。
よろしくです。
まずはパリの宿の朝ゴハン。
090411.JPG ホットビュッフェでした。
ココんちのメインダイニングであるセーズオスマンです。
このきのこのソテーとかラタトゥイユが朝からいただけるのもウレシかったなぁ。
スタッフの対応も気持ちよかった。
・・・そういえば、パリの宿をココんちに決めたのはこのレストランでお食事するかも、と思ったからだった。おひとりさまで、気力が落ちてドコも行きたくなくなってしまっても、ホテルの中なら、ねぇ。カイエ ド パリに紹介記事があったのと、いつもチェックしているブロガーさんも利用していたので、ソレもあってサ。
ま、気力がなくなるかも、って不安自体が幸運にもトリコシグロウに終わったんだけどナ。ホホホ。
利用者のレビューをチェックすると「日本人団体客が多く、マナーがなっていないので同じ日本人として恥ずかしかった」なんて声が結構あったんだけど、アタクシが泊まった2泊は、そんな日本人には会いませんでしたねぇ。3日間で10人以下だった。
そうそう、どうしてもオペラというエリアにステイしたかった理由があったのを思い出した。空港行きのバス停に歩いて行ける、というのが最大の理由なの。あのデカくてヘビイなスーツケースを持って非バリアフリーなメトロで移動するの嫌だったんですワ。その面で斬ってみても、たいへん満足でありました。

お腹が満たされて、まず向かったのは・・・
090411 (11).JPG 090411 (12).JPG
オランジュリー美術館です。
5年前に行ったときは改装のためクローズ中だったんだけど、あの睡蓮の間で心ゆくまでぼや~んとしたい、というこのパリの外せない目的を果たすのです。
090411 (16).JPG
090411 (13).JPG
さほどの人出はなく、ゆっくり楽しみました。
来れて、観れて、よかった。
以前はこの睡蓮の間は地下のお部屋だったと記憶しているのだけれど、今は1階。
090411 (14).JPG 模型、撮ってみました。
自然光が入る構造で、自然光で観るコトができるそう。
しかししかし、すっかり内装が近代的になっていて、びっくり!
090411 (15).JPG これもステキです。
スケール間もちょうどイイし、やっぱりスキ。行ってよかった。

さて、と。
12時までにホテルに戻りたい。残り時間はあと1時間ちょい。そんな遠くには行けないけど、もうお買いモノはする気ないし。どうしようかな・・・?
目の前のオベリスクの向こう、このまま行けばシャンゼリゼだな。
行けるところまでぶらぶらお散歩しますか。
090411 (10).JPG パリの桜も満開♪
090411 (6).JPG 090411 (9).JPG
ずーっと奥に凱旋門だ!
おひとりさま、みんなに親切にしてもらったね、この旅・・・でもおひとりさまのアタクシが撮れるアタクシは影だけ。
お昼ゴハンゆっくり食べる時間はないけど、ココんちはやっぱり押さえておくべき!
090411 (7).JPG 090411 (8).JPG
ラデュレーです☆
ラデュレーの朝ゴハンをいただきました。
この日2度目の朝ゴハンですね。ハハハハ!
しかし、タイムリミットが迫っています。
パパッと平らげて、ラディシオンシルブプレ。

ホテルでチェックアウトを済ませて、バスが出るまでの1時間ばかりを、ホテルの周りをぶらぶらしみました。
090411 (5).JPG 通りの奥はモンマルトル。
オスマン大通りをオペラと反対の方向に向かって進みます。
途中、モンマルトル方向を見ると、サクレクール寺院が青空に白く光ってそびえ建ってました。
090411 (4).JPG ステキなパサージュ。
090411 (3).JPG 090411 (2).JPG
ショーウィンドウのディスプレイがおもしろいワ~。
090411 (1).JPG 090411 (17).JPG
いろいろなモノのお墓・・・?
中にはアタクシ世代の子ども時代のロボットヒーローも。

よかったね、パリも。

心配していた空港行きのバスもスルッと乗れたし、降りるべき第2ターミナルFでも迷うコトなく降りることができました。
しかし、このあと、エールフランスのオネエサンとJALのオニイサン&オネエサンにたいへんお世話になるコトに(汗)
チェックインの前、まずはデタックスです。
行列覚悟で向かったデタックスの受付も、前に白人男性が1人いるだけ。
拍子抜けしましたが、たったの3分で手続きも終了。
10000円くらい戻ってくるハズ・・・そのうち8000円くらいは頼まれ分だけどな。
で、チェックインカウンターへ。
フランス人のオネエサン、ちょっと困った顔になって、なんだかアタクシに伝えようとしてます。
預けるスーツケースが容量オーバーだ、というコトはアタクシにもわかりました。「超過分の料金はいくらですか?」って聞いてみました。
計算してみたら、オネエサン更に困った顔になって、JALの日本人のオネエサンを呼びに行って、で、アタクシに説明してくれました。
JALの超過料金は1キロにつき67ユーロで、10キロオーバーしてるから、結構な高額になってしまいます。まだ時間がありますので、スーツケースから荷物を減らして機内持ち込み手荷物にされれば、金額を減らすことができますので、ぜひ、そうなさったらいかがですか?
・・・そんな高いのか(大汗)
親切なご提案をありがとう!おっしゃるとおりにさせていただきます!!
ワインもチョコレートも機内持ち込みできませんから、抜ける重いモノといったら本くらい。
はい、持って行った本全て手荷物にいたしましたヨ。
しかし、アタクシはエールフランスでチケットを取っていたので、超過料金は1キロにつき30ユーロだったのであります。
おかげで超過料金は2万円程度で済みました。
同じ便に乗るのに、コードシェア便って、こういうコトになるんだな。勉強になりました。
そして、超過料金を支払うブースも別なところにあって、そこまではJALの日本人のオニイサンが連れて行ってくれました。もう、みなさん、ホントにありがとうございました!
で、もうひとつ学んだコトは、オミヤはこだわりがなければ空港の免税品店で買え、というコトかな。
もちろん、アタクシの今回のオミヤには後悔はなし。
だって、あのアルザスで「行った」ワイン農家のワインが欲しかったんだし、あのショコラティエのチョコレートが欲しかったんだもん。
そんなんは免税品店にはありません。
でも、フランス産ワインの「何か」、とかチョコレートの「何か」、だったら免税品店で買う分には機内に持ち込めますもん!
それにしても、ワインは液体だからわかるけどサ~、チョコレートやマカロンが×なのはなんで?

さて、あとは乗って帰るだけ。
窓側の席で、お隣は空席で、ゆったりと帰ってまいりました。
090411 (18).JPG 帰りも飲んだよ~。
帰りの方が行きより機内食おいしかったなぁ。
そして、ゴハン食べたら、次のゴハンまで熟睡ですワ。
090411 (19).JPG も一回。
終わっちゃった。
帰ってきちゃった。
イイ旅でした。
エナジーチャージ完了です。
ありがとうでした。
また、次のチャージに向かって、アタクシなりにがんばるのであります。

あとは、自分オミヤと簡単な行程の紹介を、またの機会に。

nice!(11)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

歩数30000歩超えに我ながら驚嘆!パリの街歩きの6日目(2009ストラスブール&パリ) [FRANCE]

黄金週間ですねぇ。
ウチのお勤め先は1日が余分にお休みなんで、明日出勤したら6連休。
アタクシ?
この旅でしっかり散財してまいりました故、時間はあれども先立つモノが、ね。

さて、2009年ストラスブール&パリ旅話も残り少なくなってきたけれど、これまでの分を自ら読み返しても毎度毎度長いね(汗)
しかしながら、今回も長い。オホホホ。
残すところ1日半のパリ、ドコに行こうかしら?って迷ってもどうしようもない少なさ。
ずーっともう一度行きたかった美術館は外せないし、オサレエリアもぶらぶらしたいし、お買いモノもしたいし、オミヤという課題も残っとる。
てなワケで、まずはポンピドゥーへ向かいます。
090410paris (9).JPGおおおぉ!そうそう、そうヨ、このタテモノ☆
しかし様子がおかしいぞ。
オープンは11:00、と案内にあります。
アタクシが着いたのは9:30過ぎ。
さすがはアタクシ、詰めが甘い(怒)
090410paris (8).JPG 現代美術館らしいデコレーションですな。
ま、ココんちはとりあえずこのタテモノの外観が見てみたかった、というのが最大の動機なので良しとしよう。
ココからぶらぶら行けるトコは・・・としばし地図と相談。
パリのカテドラルも行っておきますか、とノートルダム寺院に向かいます。
090410paris (7).JPG朝イチ、気持ちイイわ~♪
しかし、こっちも様子おかしいのヨ。
今度は、思いのほかヒトが多い。
塔の上に登るエントランスには既に長蛇の列が。30分待ちくらいかな。
090410paris (6).JPG 090410paris (5).JPG
おぉぉぉ!5年ぶりのノートルダム。
ま、入れるならイイか~、と内部へ入ります。
090410paris (4).JPGコレコレ、薔薇の窓。
ボケボケですが、雰囲気をお楽しみくださいマセ。
やっぱり、荘厳ですなぁ、なんて見上げていたらオニイサンがやってきて「ここまで下がって」と誘導されたんだけど、何の疑問も持たず誘導されたアタクシの目の前を偉い坊さんの行列が!
090410paris (3).JPG 090410paris (2).JPG
そうか、既にイースターホリデイ入りしてるって言っておったな。
復活祭のなんだかなんだな。
図らずも貴重な体験をしてしまった。
さすがはアタクシ。ハハハ。

お昼までにはちょいと時間があるので、もう少しぶらぶらしようとサンマルタン運河へ。
090410paris (24).JPG 090410paris (23).JPG
ガイドブックでみたまんまだ。
運河沿いにぶらぶらしてきました。
どこもかしこも絵になる街だねぇ、やっぱり。

さてさて、お昼ゴハンです。
ITOサンがパリ在住のお友だちから教えてもらったという中東系のお店に行こうと決めていました。
「おいしかったし、オネエサンも親切でしたよ」とオススメいただいたので。
11:55くらいにお店に着いたのだけれど、12:00開店なんでまだ開いてなかった。
090410paris (22).JPG ま、待つとしますか。
でも12:10を回っても開店しなくて、諦めて別のお店に行こうかなぁ、なんて地図を見始めたら「ごめんね~!」とオネエサンが自転車でやってきました。
090410paris (21).JPG お店へ入れてもらえて、ホッ。
よかった。
コレでゴハンにありつけます!
090410paris (20).JPG鶏とじゃがいもとオリーブとレモンの煮込み
タジンで煮込んだココんちのスペシャリテらしき一皿。
ハッキリしたお味、スパイスで煮込んだだけあって臭みは全く無くやわらか~い♪
びっくりしたのはレモンが皮つきのまま輪切りで入っていたコト。アタクシ、じゃがいもと間違えて(汗)だって、じゃがいももかなり黄色いし、ソックリだったんだもん。苦かったワ。
090410paris (19).JPG コーヒーはかわいらしいアシライ♪
お店のオネエサンは「日本人?日本のドコから来たの??パリにはどれくらい滞在するの???」と優しく話しかけてくれて。
オネエサン、アタクシが持って歩いていたJTBパブリッシング刊行「絵を見て話せるタビトモ会話フランス語」に興味津々。「ソレはどこで買ったの?」「中部国際空港の本屋だよ」「そうなの。日本で買ったの。ソレ欲しいなぁ。残念」って。アタクシもまだコレ持ってないと不安だったんで、差し上げられなかったのが心残りだな。
「パリは好き?」との質問に「スキスキ~♪パリのヒトって、親切!(思いもよらず)」って答えたら、「それはアナタが親切だからだよ。」(←もちろん推定。自分勝手な解釈し過ぎ!?アハハハ~☆)って。
なんか、すごくチカラをもらったワ!

ゴハンを食べて満たされて、オサレエリアを散策したんだけど、なんだかね~。
090410paris (16).JPG 090410paris (15).JPG
ココはパレ・ロワイヤル。
ココんちのお庭もアーケードもお気に入りなんだ~♪
ITOサンの弟さんのおヨメちゃんから「nonnoさん、お洋服とか買うんですか~?絶対日本の方がかわいいモノありますよ!」と言われてたんだけど、ホント、ときめくモノがなくて、ねぇ~。
090410paris (14).JPG オサレな店がひしめく通りです。
街行くオンナノコはかわいいのに、お店にあるお洋服にはときめかず(汗)
ま、しょうがないっす。
そうそう、オミヤ!
090410paris (12).JPG 決めてました、ココで買うわヨ、と。
ドコ行ってもジャポネには会わなかったけど、行列していたココんちでもお客さんには日本人はいなかった。
090410paris (13).JPG 行列、イースターだからでしょうか。
でも、販売スタッフさんに日本人女性がいらっしゃいました。
しかし、スゴイ内外価格差だな。
090410paris (11).JPG オミヤの課題、終了です!
ココんちコレだけ買って、2万円弱だもん。
我が職場大奥でも面目躍如を果たせました。
そうそう、コレを買って一度宿に戻ってブレイクです。
宿近くのスタバでアメリカーノをテイクアウトしてね。
090410paris (10).JPG キャラメルのエクレアちゃん♪
濃いワ~。
大満足です。

夜ゴハンは、このフランス旅の最後の晩餐です。
おひとりさまでムリして豪勢に、も有りですが素敵なご招待を受けました。
コルマールでのアルザスワイン街道ツアーでご一緒したYさんカップルから「ウチにおいでよ。一緒にゴハンしようよ!」って。
図々しく、お邪魔させていただきました。
Yさんカップルは2週間パリのアパルトマンに滞在。
偶然にも帰国便はアタクシと同じ4月11日なので、彼らにとってもこの日は最後の晩餐で。
野菜不足になりがちはパリでたっぷりの野菜とマジで美味しい手料理をいただきました!
アタクシはラドュレーのマカロンをオミヤに。
090410paris (17).JPG コレだけで2800円くらい。
コレもスゴイ内外価格差だったなぁ。
そして、Yさんトコでごちそうになった1本を。
090410paris (18).JPG ジスクールちゃん
スキスキ~♪
オ・ボン・マルシェで10ユーロ強だったそうだけど、帰ってきて名古屋駅の成城石井でビンテージは違うものの買ってみたら3500円弱だった。普段飲みにはアタクシにとってはちょいと贅沢な価格帯だけど、リピ必至。
そして、Yさんカップルのお友だちで、パリで夢を追いかける若いカップルAくん&Jちゃんとも同席したんだけど、今どきのワカモノだってちゃんと熱さがあるんだな、と。異国で、しかも服飾の本場パリで既に2年パタンナーとしてがんばってきたAくんと、遠距離恋愛を乗り越えて追いかけてきたJちゃんに、ナゴヤの空の下から改めてエールを送ります。
素敵なヒトたちとの出会いに感謝せずにはいられない、思い出に残る夜になりました。
あぁぁぁ、あと1日なんだぁ。

朝イチから予定にないスポットを巡ったり、思わずエリア間を歩いて行ってしまったり、Yさんカップルを訪ねるのに地下鉄の乗換えが閉鎖していて1駅手前で降りざるを得ず歩いたり・・・で、この日は30000歩超え!
自分でも驚いたね~。
nice!(10)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

パリへ移動、でついにおひとりさま旅(2009ストラスブール&パリ) [FRANCE]

オサナナジミーズから「近江八幡へ行こう」と誘われたものの、社会復帰1週目が終わってみて活動的な土曜日を過ごす気になれなかったアタクシ。
別に極限の疲労困憊状態というワケでは全くなく、単にウチでボケーッと時間を過ごしたかっただけなんだけどね。
基本、ウチでボケーッと、だらーんと過ごすのもスキなので、ね。
で、行かなかったんだけど、そしたら昨日の夜、Yが「早い方がいいと思って持ってきた~」とクラブハリエの焼きたての日持ちしない方のバウムを持ってウチに来てくれたのヨ。
ありがと~♪
今朝、ありがたくいただきましたワ。ウマ~イ(キャ)

さて、このフランス旅もあと3日の5日目です。
この日はストラスブールからパリへ移動して、パリでITOサンとお別れです。
気を引き締めていかねば(キッ)
そうそう、ストラスブールの宿の紹介をすっ飛ばしていましたので、少しだけ。
4泊利用したのはモノポール・メトロポールホテル。
国鉄のストラスブール駅から徒歩5分、プティット・フランスへも徒歩5分、ノートルダム大聖堂へも徒歩15分程度というアクセスに大満足でした。
が、写真撮り忘れ(汗)なんで??
かろうじて朝ごはんを。
090409paris (7).JPG コールドビュッフェでした。
ココんちでアタクシがどえらい気に入っちゃったのはゆで卵!
生卵とゆで卵メーカーが設置してあって、自分で作るの。
熱々、トロトロの超半熟ゆで卵、イイわ~♪
ココんちの宿での朝ごはんを楽しんで、お部屋に帰って荷造りして、駅へ向かいます。

090409paris (1).JPG あのドームが駅です。
近代的!
・・・と思いきや、この中に昔ながらの石造りの駅舎があるの。
新しいタテモノを建てるんじゃなくて、古いタテモノを残すためのモノを作るってのに、ちょい感動。
090409paris (8).JPG 090409paris (9).JPG
コレ、ドームの中です。ね。
ココからTGVに乗ってパリへ向かいます。
はい?切符の手配ですか??
もちろん、ITOサンが全て用意していてくださいました。
090409paris (19).JPG いざ、パリへ。
TGVは1等(プルミエールクラス)、2等(ドゥージーエムクラス)に車両が分かれています。
2等だって全く問題ない、というか快適なんだけど、今回は1等☆
ウチの車両は満席でした。
090409paris (20).JPG 090409paris (2).JPG
お昼時であったコトもあって、お弁当(?)などの車内販売もあるの。
で、アタクシもアンカフェシルブプレ!
そしたら、お金だけ受け取って、コーヒーが出てこないんだけど・・・と、ちょい不安になっていたら、10分後、淹れたてのエスプレッソを持ってオニーサン再び登場。
ベローナのチョコレートつき。
奥の方のチョコレートは前日にホテル近くのショコラティエで求めたモノです。
090409paris.JPG パリ東駅
およそ1時間半でパリ東駅に到着。
ココにITOサンの弟さんのおヨメさんと姪っ子ちゃんが迎えに来てくれていました。
アタクシの宿へのチェックイン後、一緒にお茶を飲むコトになりました。
今しばらく、旅は道連れ~♪
感謝、感謝。

パリの宿はオペラ座の裏のグランマガザンが並ぶ通り沿い。
おひとりさまでもビビリながらも行動可能であろうとココを選びました。
・・・ちょい贅沢ですが。ハハハ!
東駅から宿最寄駅までメトロで移動してきたのですが、パリのメトロって、エレベーターやエスカレーターがない駅がほとんど。
アタクシの大きなスーツケースにはワイン5本とフォアグラとチョコレートが入っていて、激重で、階段が(怒)
そしたら、優しいマドモアゼルが!
3人がかりで、まず改札のある階まで運んでくれて、「まだ階段あるから」(←もちろん推定)って、更に地上まで運ぶのを手伝ってくれたのよ~。感動。
心から、ありがとうございました。
なんて心温まるできごとがパリ到着早々あったのであります。

さて、ITOサンとこの旅最後のお茶です。
090409paris (4).JPG 090409paris (3).JPG
ホテルからぶらぶらお散歩してギャルリーヴィヴィエンヌの中のプリオリテへ。
ドコに行ってもナニを食べても日本人の胃には収納過剰気味の容量のフランス。
このお店はケーキ類にデミサイズがあったの。
丁度イイ~♪
はい、もちろんオイシかったよん。
090409paris (5).JPG ギャルリーヴィヴィエンヌ
パサージュの代表格ですね。
美しいです。
前を行くのはITOサン&おヨメさん&姪っ子ちゃん。
おヨメさんは海外暮らしは初めての経験だそうだけど、パリ暮らしを楽しんでいる様子。
ちなみにITOサン姉弟はキコク。
ITO弟さんの同僚の中には、奥さんがパリに来てちょい精神的に不安定になって帰国しちゃったから単身赴任になっちゃったなんて方もいらっしゃるようで、おヨメちゃんのように楽しめるってステキだなぁ、とパリ暮らし話を聞いて思ったアタクシであります。

ココからオペラのグランマガザン通りまで4人で一緒に戻り、おヨメさんと別れ、ITOサンとも別れ、遂におひとりさまです。
おヨメちゃん、ありがとうございました。
楽しかったです。
また、お会いしましょう!
ITOサン、心から感謝です。
ありがとうございました。
この旅が、楽しくて充実したものになったのは、ひとえにITOサンのおかげです。
また、ナゴヤで。

おひとりさまになったアタクシ、まずはグランマガザンをクルーズ。
オミヤの課題がまだまだ残っています。
ギャルリーラファイエット、プランタン、そしてH&M。
ちょい歩きつかれたので、ボケーッとしに・・・
090409paris (10).JPG この眺め♪
090409paris (11).JPG みんな覗き込んでますね~。
ギャルリーラファイエットの屋上です。
ココ、イイわ!
足かけ3日の間に、何回もココでブレイクしました。
オススメです。
そうそう、お買いモノですが、ギャルリーラファイエットのルイ・ヴィトンへ行列覚悟で行ってみたところ、アッサリ買いモノできてしまって。
行列もなくて、日本人も1人もいなくて「なんで?」。
ラファイエットのデタックス手続きも、アタクシ以外の日本人がいなかったし。
季節的な理由でしょうか?
それともこの経済危機状況だからでしょうか?

夜ゴハンは、ラファイエットグルメでギリシャ料理のデリや何だかベリーやチーズを買い込んできてホテルで。
宿に帰り着いて、無事におひとりさまの第1段階終了に、ホッと。
あ、ヨゴす前のホテルのお部屋などを、まずはご紹介。
090409paris (15).JPG 090409paris (18).JPG
090409paris (12).JPG イイ部屋でございました。
090409paris (13).JPG バスとトイレは別。広々~♪
おひとりさまにはモッタイナイお部屋。
しかし、ホントにアクセス抜群で、ホテルマンたちの態度もよくって、大満足でした。
では、パリのおひとりさま夜ゴハンは、コチラ。
090409paris (14).JPG ウマ~イ。
パンもバターも、何だかわからず適当に買ったんだけど、レベル高いね~。

この日も歩いたね~。


nice!(7)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

4日目はストラスブールでオミヤ探し(2009ストラスブール&パリ) [FRANCE]

社会復帰1週目を乗り切りました。
いや~、忘れますねぇ、イロイロ(汗)
忘れているだけに、スケジュール感も戻りきってないし焦りもあんまり感じてない・・・って完全なKY(汗)
そんなアタクシを温かい目で見て見ぬフリをしてくださっている我が職場大奥に感謝感謝(合掌)
てなワケで1週間ぶりの更新ですが、なんとか、思い出しながら、空気感を。

さて、ストラスブールは翌日の午前中に出発するので、この日がこの街を楽しめる最終日である4日目。
2日目にだいたいのスポットは巡ったものの、やっぱり街歩きだよね、と旧市街を中心にぶらぶら。
090408str (9).JPG 090408str (5).JPG
そうそう、旧市街は世界遺産に登録されているそうヨ。
確かに美しい。
で、この日のアタクシたちは4つの課題を自らに課しました。ハハハ!
よし、全てクリアするわよ(鼻息)
まずは課題1 ノートルダム大聖堂のからくり時計を見学する、です。
2日目に入手したストラスブールパスにチケットが付いています。
090408str (18).JPG カテドラルの天文時計
コレを公開するがために11:30~12:40くらいまでは一般拝観客はクローズ。
11:50くらいに中に入れてもらえるんだけど、12:00から20分くらい紹介フィルム見せられて、12:30から天文時計=からくり時計がスタートで、これが5分もかからないくらいのものなのよ。
確かにスゴイ時計なんだけど、待ち時間考えると、時間に余裕が無ければパスしてもイイかもね。

では、お昼ゴハンといきますか!
そこで課題2 ホワイトアスパラガスを食べるぞ、です。
3日目のワイン街道ツアーガイドのジョンさんが「今はホワイトアスパラが美味しい季節。もう食べましたか?食べていないのならぜひ食べて帰ってください」って。
街中に人口比から見ればありえないほどある飲食店の店先でホワイトアスパラを尋ねます。
しかし、これがなかなか出会えず(汗)
アタクシはお腹もすいてきてたので「もう何でもイイから食べたいなぁ」なんて思いかけていたそのとき、アタクシの目に「アスパラガス オゥ ドゥ ジャンボン」の文字が書かれた小さな黒板が目に飛び込んできました!
早速お店のヒトに「白なの?緑なの??」と聞いてみたら「白」と。
ヤッタ♪
090408str (17).JPG 090408str (16).JPG
ホワイトアスパラガスと2種類のハムです。
ソースもマヨっぽいヤツとオイルっぽいヤツの2種類。
甘~い♪
ソースもイイ感じだけど、ソースなしでハムの塩気だけで食べるのもイイわ~ん。
090408str (15).JPG もう1品、定番タルトフランベーよ。
このタルトフランベーは、タルトフランベー食べ納めになったな。
普通のヤツにアルザスのチーズ、マンステールも載ってます。
そうそう、課題3はこのマンステールチーズとアルザスワインをいただくことだった!
マンステールチーズが入ったことでコクと旨みアップ。
アルザスの白ワインと合うなぁ。さすがだなぁ。
090408str (13).JPG 090408str (14).JPG
お店は2日目にいっぷく着いたイル川沿いのお店と同じお店。
お隣のおにいさんの連れていたワンコ、シピちゃんとも仲良くなったね♪

そしてそしてオミヤを買わないと~、が4つ目の課題。
オミヤ候補はフォアグラとチョコレート、例によって。
チョコレートの方は情報入手してったのだけれど、フォアグラは?
で、すごーくお世話になった観光案内所で再び聞いてみたところ、教えてもらったお店が・・・
090408str (6).JPG 090408str (7).JPG
ココんち。
買いましたよ~、フォアグラ。
ハイハイ、重いです、コレも。
チョコレートの方は、お勤め先のお友だちMの妹さんであるM妹ちゃんから聞いたパティスリー キュブレーを探して行ってきました。
090408str (3).JPG 090408str.JPG
お店の奥にはカフェスペースもあったのでこの日のブレイクを。
090408str (22).JPG 目移りするわ~♪
090408str (2).JPG 090408str (1).JPG
ドチラもウマイ!
ココんちは、チーフパティシエさんが日本人なんですって~。
スゴイわ~。
ココんち以外のお店でもチョコレートは入手しまして・・・
090408str (20).JPG 090408str (8).JPG
090408str (25).JPG
たーんと買いました!

では、街歩きを続けましょう。
ちゃんと観光もしています。
まずはワイン博物館へ。
090408str (12).JPG なぜか、病院エリアにあります。
090408str (11).JPG 090408str (10).JPG
ストラスブールにはアルザス地方で最大の樽がある、ってワイン街道ツアーガイドのジョンさんから聞いたのだけど、この中のどれかなのかもね~・・・なんてITOサンとおしゃべりしながら。
ココは無料で見られますが、製造とかしているわけでないし、試飲もアリマセンよ。
でも、病院エリアの地下に広がった大きな空間で、なかなか見ごたえがあったなぁ。
買いたくなったけど、グッと我慢(涙)
もう1つ、現代美術館へ。
090408str (30).JPG 090408str (23).JPG
090408str (24).JPG 旧市街が眺められる造りに。
ココんち、なかなかイイ!
タテモノもスキだけど、常設展示もけっこうよかった。
現代美術だけじゃなくて、モネやピカソもあって。
090408str (31).JPG 新展示のレセプションパーティー
企画展示が新しくなったとかで、パーティーみたいなのをやってた。
しかも、そのおかげで入場料もタダになった♪
だから、更に印象がよかったのかも。ゲンキンなヤツなんで、基本。オホホ。

さて、ストラスブールでの最後の晩餐。
4つの課題もクリアしたし~、プティット・フランスでアルザス名物食べ納めといきますか!
090408str (28).JPG 090408str (27).JPG
コレコレ~♪
やっぱり、定番のシュークルートだね。
そして、この4日、野菜不足にならなかったのはコレのおかげ!のアルザスサラダ。
ココんちは、ガイドブックなんかにも載っている有名店。
内装も、サービスも、味もよかったです。
090408str (26).JPG 090408str (29).JPG
大満足!

よかったなぁ~、ストラスブール。

nice!(6)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

3日目はコルマールからアルザスワイン街道ツアーへ(2009ストラスブール&パリ) [FRANCE]

あぁ、明日から社会復帰。
お休み中に旅日記を全てUPする、と無謀なコトを目論んでいたのだけれど、ハハハ(汗)
マジ、無謀。というか身の程知らず、とでもいうか。
そんなコトが出来るアタクシでしたら、もっとマメに更新できていますワな。
さて、今回も長編ですぞ。
ご覚悟あれ。

3日目です。
ストラスブールから国鉄でスイスのバーゼル行きの列車に乗って…
090407col (9).JPG ちょっと~、遅れてますが(焦)
機関システムの故障とかで20分ばかりダイヤが乱れてて。
日本では日常茶飯事の列車の遅れもヨーロッパではかなり珍しいコトらしいけど、目的地コルマールでの集合時間に間に合わない~(大汗)とアタクシたちは大焦り。
しかし、この日のアルザスワイン街道ツアーへの参加者は午前中はアタクシたち2人のみでした。
090407col (10).JPG あのお城へ!
ミニバンに乗ってまずはお城です。
オー・クニクスブール城(って、今「地球の歩き方」で確認しました(汗))。
090407col (11).JPG 階段を登って…
090407col (12).JPG ハンティングがモチーフのシャンデリア
カワイイのかコワいの解らないけど、山なんで、狩りなんでしょう。
他にも鹿の角が壁一面に飾ってあるお部屋も。
090407col (13).JPG 090407col (14).JPG
上のほうは気持ちイイ!

この後、小さな村々、ワイン農家というか醸造屋さん、そしてブドウ畑を巡りました。
時系列順ではないけれど、まずは村々。
リボーヴィレ、リクヴィル、カイゼスベルグ、テュルクハイム、エギスハイムなんだけれど、どの写真がドコかが混乱(爆)
090407col (18).JPG 090407col (21).JPG 090407col (22).JPG 090407col (23).JPG
090407col (3).JPG ←ココが「ハウル」のモデルになった村だって~。
どこも可愛らしい。
アルザスはコウノトリが飛来する名所だそう。
でも、観光化されちゃっててヒトがたくさんいる賑やかなリクヴィルには来ない、とガイドのジョンさんは言ってた。
で、実際にコウノトリとは出会えたんですが、アタクシのカメラには収まらず(涙)
結構歩いたし、後で出てくるけど結構飲んでいるアタクシ、ブレイクも必須!
090407col (16).JPG バニラエクレアを♪
午前中に行った村、リボーヴィレで1つ買って食べ歩き。
しっかり甘くてこってり、おかげでこの後のワイン試飲に臨めました!
090407col (24).JPG ショコラ&カフェ♪
これは、たぶん、午後のテュルクハイム。

この村々の間にワインのブドウ畑も連れて行ってもらいました。
090407col (15).JPG ガイドのジョンさんが説明してくれます。
1年に1つの蔓しか育てないんだって。
コレは剪定後の畑だそうだ。
090407col (25).JPG この看板はブドウ畑だ!
この写真じゃ判らんね(汗)
ブドウの蔓を剪定している様子をあらわしていたのヨ。
090407col (26).JPG 見下ろす集落に目指すワイン醸造屋さん
090407col (27).JPG ル・ブランドという畑

楽しみにしていたワイン系は2軒で、午前1軒、午後1件です。
090407col (17).JPG 午前にいただいた6本。
ココんちはグランクリュに格付けされたモノもありましたね。
泡→辛口→甘口→極甘口の順に試飲。
これは次に午後行った方でも同じ。
090407col (2).JPG 午後に行った方。
コチラでも6本を試飲させていただきました。
あんまり白に興味がなかったんだけど、面白かった!
お食事にはちょい甘いのでわ?と思っていた甘口がフォアグラに合うよ~、とご指南されて、夜ゴハンで実験してみたけど、納得。
アタクシは日本では聞き慣れないブドウ、ゲヴュルツトラミネールってヤツがお気に召しましたワ。
それからクレマンっていうアルザスの泡はシャンパーニュと同じ製法なんだけど、コレがお値打ちでウマイのよ!
てなワケで、オミヤ&自分用に何本かご購入♪

さて、〆はゴハンです。
お昼ゴハンは午前中のワイン試飲の後、リクヴィルでいただきました。
090407col (19).JPG アルザス風サラダ
コレコレ!
海外で珍しく野菜不足にならなかったのは、コレのおかげでもあるのです。
090407col (20).JPG コレコレコレ~♪
シュークルートは毎日食べたけど、ココんちのが一番スキだったような気がする。
夜はどうする~?コルマールで食べて帰ろうよ、とITOサン。
で、ツアー終了後、コルマール駅からぶらぶらとベニス地区へ向かいます。
090407col (5).JPG 090407col (6).JPG
運河があるからベニス地区なのね。
更に桜も美しい♪
では、ここらでお花見しながらフォアグラ食べましょう!
090407col (8).JPG 待ってました☆
フォアグラにイチジクジャム添えです。
これに、やや甘のゲヴュルツトラミネール(たぶん)を合わせていただきました。
フォアグラには赤だ!と決めつけていましたが、目からウロコですワ。
090407col (7).JPG もう1品。
ホタテとスキャンピとクスクスです。
たくさん飲んで、たくさん食べて、たくさん歩いたね~。

090407col (1).JPG コルマール駅

この日も20000歩超えで、終了です。

nice!(8)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ストラスブールパスが大活躍♪の2日目(2009ストラスブール&パリ) [FRANCE]

だんだん長いお休みの終了が近づいてきたなぁ。
実のところ、まだ時差ボケが(汗)
お昼間すごく眠いのに、夜はちっとも眠くならんのよ。
それでも昨夜は24時ごろ「お、眠くなってきた!」と、コレで体内時計も修正されるだろうとその眠気に任せてササッと就寝したの、翌朝は8時くらいに起きれるだろうと思ってサ。
そしたら、よ。
夜中1度も起きるコトもなく、目が覚めたら10時半だって(大汗)
明後日から社会復帰だってーのに、う~ん。

さて、2日目です。
あ、たぶんハナシ長くなりますので、遊びに来てくださった方はご覚悟を。
今回のストラスブールのプランは、全てITOサンにオマカセです。
まずは、とりあえず、ストラスブールの旧市街あたりをぷらぷらしましょうか。
ストラスブールパスなるモノが街巡りにおトクなようなので、そのパスを入手しましょうか。
で、この街のシンボルともランドマークとも言えるノートルダム大聖堂の隣の観光案内所へ向かいます。
090406str (2).JPG 朝の街、まだ人出はなし。
090406str.JPG 090406str (3).JPG
しかしショウウインドウは既にスタンバイ!
イースターが近いので、ウサちゃん&イースターエッグでいっぱいだな。
で、観光案内所でパスを入手。
案内所のオネエサンは可愛くて親切だったな。
ココんち、滞在中に何回かお世話になりました。

パスを手に、まずは、目の前のノートルダム大聖堂へ。
090406str (4).JPG 090406str (5).JPG
凄い。
しばし言葉失う迫力。
090406str (18).JPG 中のステンドグラスの1つ
美しい。
そしてどデカイ!
大聖堂の中に入るのは無料ですが、上に登るのは有料。
だけれども、パスがあるのでフリー(ルン)
ただし、入場人数に制限があって、この日は19人までだった。
何ゆえ19人なのかは謎。…20人の方がキリがよくね?
090406str (8).JPG かわいい街並み(は~と)
未訪だけれど、ドイツっぽいんだってね。
そうそう、この塔の上まで行く手段は階段を自力で登るのみ。
その段数は329段(と「地球の歩き方」に出てた。)で、完全にメタボで70歳は超えているだろうと思しき男性が受付の女性から「行ける?大丈夫?」(もちろん推定)と聞かれてたゾ。その男性は、途中でアタクシたちが抜かしたんだけれど、たぶんリタイヤしたんだろうね。
結構キツいです。ホホホ。

次はイル川の遊覧船へ。
コレもパスに含まれてます。
090406str (6).JPG 風雨にも耐えられる。
暖かい日で快晴だったんで、このドームのような屋根がジャマだった、この日は。
イヤホンガイド付きよん。
日本語でのガイドをご希望の方はチャンネルを8に合わせてください」って。
090406str (7).JPG ヨーロッパ宮
欧州会議を開催する所だって~。
桜がキレイでした。
これがあるがために、ヨーロッパ各国の領事館があるんだって。
日本もNATOの常任監査国(?)なので領事館があるそうです。
ストラスブールの旧市街はこのイル川にぐるっと囲まれてます。

まだまだパスは使えます。
090406str (19).JPG 090406str (13).JPG
美術館が1つ無料、2つめは半額!
ホントはロアン宮って所へ行きたかったんだけど、前々日NATOの会議があって(あのオバマさんも来てたやつね)、閉鎖中につき、観覧叶わず。
てワケで、アルザス博物館へ来たのであります。
民芸品工芸品ズキには、なかなかです。
アタクシは楽しめました。
実用品っても、民族衣装も大スキだもんね。

では、締めくくりのネタは、この日のゴハンを。
お昼ゴハンは…
090406str (10).JPG 090406str (9).JPG
090406str (11).JPG お店は病院通りにあります。
ITOサンの弟さんの同僚でストラスブール出身の方ご推奨のお店。
店名の読み方がサッパリ解らん(汗)
2品ともアルザス名物ですが、左がベックオフ。
えーっと、肉じゃがです。ハハハ。サッパリしててウマイ。
右はタルトフランベー。
アルザス風のピザと紹介されていたけれど、チーズが酸味のあるクリームチーズで、コレが冷めてもイケる。
どちらもアルザスの白ワインにぴったんこですワ。
そして夜ゴハンは…
090406str (15).JPG 090406str (16).JPG
090406str (14).JPG イル川沿いで♪
川沿いがイイよね~、って適当にチョイスしたお店。
でも、コレが正解!
左は魚のシュークルート、右はまたまたタルトフランベー☆
シュークルート、サーモンと鱸と、おそらく鱈のソテーが載っていて、クリーム系のソースが。
これが酸味のあるシュークルートと合うのよ。
そして白ワインと合うのよ♪
タルトフランベーは今度はマッシュルーム載せ。スキスキ♪

この日も大満足の一日でした。
歩きも歩いたり、20000歩超えました。
nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

トランジットにハラハラ(汗)の1日目(2009ストラスブール&パリ) [FRANCE]

フランス話です。
いやぁ~、楽しかった♪
イイ出会いがあって、イイ経験をして、イイ旅になりました。
出会ったみなさんに感謝なのであります。

ホントに実現するとは思ってなかったのヨ、実のところ。
実現できたのはお友だちITOサンのおかげです。
話は昨年末に遡るのだけれど、オシゴトの関係であんまり日本にいないITOサンが珍しく年末ナゴヤに居て、一緒に飲んでいたときのコト、ITOサンが春に弟さんが赴任中のパリに行くって。
え~っ、アタクシも年度が明けたら連続10日の休暇取得が可能だから、4月になったら早々にお休みもらってパリに行こうと思ってんのヨ。
ならば、向こうで合流できるといいねぇ、なんて。
そしたら3月初旬、ITOサンからメールで「3月13日に日本を発ちます。nonnoさんパリに来るっていう話はどうなりました~?」。
で、そのときに初めてリアルに考え出した。
オシゴトの段取りは?2週間の休暇取得は可能?旅の手配は?などなど。
オシゴトの方は周囲の方々に支えてもらうのは免れないけど甘えさせていただこう、てコトは、段取さえ出来ればお休み取得は可能であろう。
あとは旅の手配だけれど、考えてみたら海外ひとり旅は初めて!
ていうか、ひとりで飛行機に乗るのも初めてなんじゃないか~?!
しかし。
しかし、なんでも初めては初めてだし~♪
休暇取得を申し出て了解を得て、一応価格比較してみたうえでエアを手配して、宿を手配しました。
よし、最難関は、シャルル・ド・ゴール空港でのトランジットだなと。
そうなんです、ITOサンの提案でパリだけじゃなくてストラスブールに行くコトに!
ストラスブールには空港があるのでド・ゴール空港でトランジットすればエールフランスでセントレア→ド・ゴール→ストラスブールと空路でアクセス可能なの。
ただし、難関はあの超どでかいド・ゴールでのトランジット(汗)
でもね~、エールフランスのホームページが親切でね~。
ちゃ~んとトランジットの仕方まで出てんのね!
というワケで、なんとかなるだろうと、出国したのであります。

090405af (2).JPG 独り占め♪
飛行機の席には結構余裕があって、アタクシは3つの席を独占ですワ。ウフフ!
適当に眠って、機内エンターテイメントを楽しんで、あっという間の約12時間。
ドエライ快適~♪
しかし、あのJALのお食事の炭水化物責めはなんなんでしょ?
090405af (3).JPG お昼ゴハン
離陸して1回目のお食事です。
鮭の炊き込みご飯に、スモークサーモン…って鮭責めでもあるね。
090405af.JPG スナック兼朝ゴハン
ビザパン、ていうの?
悪くないけど、炭水化物オンリーだね~。
090405af (1).JPG 到着前のお昼ゴハン
なんだかのリゾット、だよね。
副菜は稲荷寿しですワ。
アレも、コレも、ソレも、炭水化物(汗)
でも、この稲荷寿しは、好みのタイプだったし、初めの鮭の炊き込みご飯はこれまでのJALのお食事の中では最もイイ感じだったの、アタクシ的には♪

で、トランジット。
結果的には大丈夫でした。
ド・ゴールの第2ターミナルFからGへ移動しなくちゃならんのだけれど、これが遠い。
バスに乗って約5分だもん。
でも、ソレも、ちゃ~んとウェブサイトで確認できるし、確認できていれば実際のご案内もわかる!
あ、アタクシは英語は中学生レベルだし、もちろん仏語もできません。
でも、大丈夫でした。
機内持ち込み可能な液体を入れる透明ビニール袋の大きさが、アタクシが持っていたモノが仏規格より一回り大きくて空港職員さんから指摘を受けました。
「日本ではイイんだろうけどさ、フランスでは一回り小さくないといかんのだよね。今日は見逃したげるけど、次は気をつけてね~」(推定)。
そんなの、国によって違うのね~。
そうそう、ド・ゴール→ストラスブールの機内は日本人というかアジア人はたぶんアタクシだけだった。
客室乗務員さんは美しかった。そして優しかった。
機内サービスは、飲み物とスナックで、スナックはサレ(塩味のモノ)orシュクレ(甘いモノ)の選択可能です。
アタクシの選択はシュクレ。
大ブリのバターサブレでしたヨ。

そしてストラスブールの空港に到着!
ITOサンが迎えに来てくれてました。「ITOサ~ン!」。
いやぁ~、一安心。
荷物の受け取りでちょいとバタバタしたものの、ソレもITOサンのおかげで難なくクリアです。
空港から市外まで電車で約20分で到着です。
ホッとしました。ハハハ!

夏時間になったフランスは、19時とは言えまだまだ明るい。
090405str (1).JPG ね~。明るいでしょ。
宿にチェックインして、夕ゴハン食べに街へ出ました。
この日は日曜日。
やっているお店も少ないだろう、と開いていた近くのカフェ決定。
090405str.JPG 090405str (2).JPG
ドチラのお皿もアルザス名物!
…この日は、このあと宿に帰って、パタッと寝たのであります。
夜中に起きちゃったけどネ。ハハハ~。

つづきは、また。
nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

旅ネタで再開です。 [FRANCE]

ゴブサタイタシテオリマス。
本当にほんとにホントにお久しぶりです。
現在、長期休暇中のアタクシです。
・・・先週の土曜日からお休み突入、本日ちょうどど真ん中、あと向こう1週間です。
世の中、そんな休暇制度のある会社はゴマンとあるとは思うけれど、我が職場大奥では勤続10、20、30年で各最長10日の連続休暇がいただけるため、年度が明けて休暇取得権発生と同時にお休みをいただいた次第。
ありがたや。
お休み取得でお世話をかけている大奥の姫たち、この場を借りてお礼申し上げます。

さて、そんなお休みは旅です!
先週日曜日にでぱーちゃー、本日あらいばるで、国外逃亡してまいったでござるよ。
行った先は・・・
09reflesh.JPG 初めて!
おひとりさまじゃムズカシイこんなトコ。
ともだちが連れて行ってくれた♪
09reflesh (1).JPG 5回目!
おひとりさまでもなんとかなるね~♪
何度行っても大スキ!なこんなトコ。

こっちを出発するときは桜が満開だったけど、アチラでも・・・
09reflesh (2).JPG まんか~い♪
楽しんできましたよん。

このお休みは、単なる記念のお休みに非ず。
お休みして、充電して、次の10年を更に力を出すためのお休みなのだ!
・・・と大ボスに釘を刺されて送り出されたのだけれど、スゴくイイ時間を過ごしましたぞ。
このお休み中に、旅ネタ更新する予定です・・・が、明日&明後日は函館へ行ってまいります!
帰ってきたらフランス旅バナシ聞いてください。

タグ: フランス
nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
FRANCE ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。