So-net無料ブログ作成

ようやく読み終わったよ(汗)「半島を出よ」村上龍 [電車通勤の友(お勤め生活)]

そういえば、ココで通勤時間に読んだ本をメモってたね。
忘れておった(汗)

「もうコレ読めない~」と、何度も何度も投げ出しながら、でも、どうしても全部読んでやる~(怒)と意地になって、上下巻を半年かかりました~。
ホント、意地でしかなかったのよ。オホホ。
アタクシにとって、すご~くおもしろい部分と、すご~くつまんない部分と、すご~く難しい部分があって、つまんない部分になると投げ出し、難しい部分になると全然読み進まず、そんな時間があまりに長くて、こんなに時間かかっちゃいました。
そうえいば「コインロッカーベイビーズ」も時間かかったわ。

半島を出よ 上 (1) (幻冬舎文庫 む 1-25)


半島を出よ 下 (3) (幻冬舎文庫 む 1-26)

ま、しかし、ちょいと危機感は、ね。
そんなコト、起こり得るのかも、と。
怖いね。
どうしてそんなに正日への忠誠を貫けるの?
という部分へのエクスキューズは、本当に悲惨で、全く理解できない世界だけど、納得できたりして。
たくさん登場する犯罪者も、そのパックボーンの描写には引き込まれたけど、これもたんたんとしてるけど、悲しい。
読後は、日本でこんなことが起こったら、日本政府は、本当にこんな対応になるかも・・・と、やっぱり怖いし。
オススメ、とかじゃなくて、意地で読みきったコトを記録しておきたかっただけデス。

さて、本日はアタクシの地元の、アタクシの洋菓子の源流とも言うべきお店が閉店で(涙)
wakamatuen (1).jpg さびしいね~。
やっぱり、食べ納めとかないと!
ココんちのケーキが、アタクシにとってもケーキ事始めだったんでしょうね。もちろんキオクはありませんが。ハハハ。
地元の名店だったので、最終日である本日は、お客さんもひっきりなし。
元々は、江戸時代から続く老舗の和菓子屋さんがあって、一子相伝だったんで、そこの弟さんが和洋菓子のお店を隣に開いたそう。
もともとのお店の方も、ひと足早く何年か前に跡取さんがなくてクローズ。
そのときも、相当、残念だったのだけれど、今回ココんちの閉店であの栗蒸し羊羹も食べられくなるのね~(涙)
wakamatuen.jpg 食べ納めです。
オーソドックスでしょ。
でも、ちゃんと生クリームもカスタードクリームもおいしいの。
アタクシの子ども時代、まだ今のように「パティスリー」「パティシエ」なんてコトバもなく、洋菓子のお店がたくさんなかった頃から、今の平均的なレベルのお店よりおいしかった。
考えてみれば、ココんちのケーキがアタクシにとって全てのケーキの基準点。
本日、改めて、アタクシのケーキの趣味がこうなったのは、ココんちがあればこそだったんだな。
おつかれさまでした。
ありがとうございました。
nice!(5)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 12

sak

お気に入りのお店...
自分の原点のようなお店が無くなるって
すごく寂しいですね。
時の流れ...受け入れなきゃいけないけれど
受け入れたくないって
お気に入りのお店がなくなる時
そう感じていました。
by sak (2008-05-11 21:43) 

Morimo

気に入ったお店がなくなるのは悲しいですね。
私の場合は、学生時代にかよいまくった喫茶店。。。ほとんど無くなりました。閉店時に顔をだせたところはまだしも、知らずに無くなってしまったお店もあり、悲しいものですね。
by Morimo (2008-05-11 23:38) 

キルト

今流行り(っていうのかな)のパティスリーとかのケーキも
もちろん美味しいですがこういう近所の洋菓子店も
好きです。
慣れ親しんだ味が消えていくっていうのはさびしいですね。
by キルト (2008-05-12 11:26) 

meshi

何度も何度も投げ出してでも、
最後まで読みあげたnonnoさんに乾杯♪
私は挫折したら即リタイアです・・・あはは。
でも、読んでみたい気持ちも大きいので、
いつかチャレンジします。この本!

子どもの頃の味覚って大切ですよね〜。
一生響きますよね〜。
(手作り苦手な母をちょっと恨む私・・・アハハ)
最近、クロチェの指導(?)のおかげで、
多少食わず嫌いが減りました〜。
by meshi (2008-05-12 14:38) 

バニラ

なんとなくホッとする、これこれって味あるよね♪
それが無くなっちゃうのは悲しいねぇ~
by バニラ (2008-05-13 10:48) 

nonno

sakさん
時の流れ・・・なんですね~。
実際、もう食べられない、もう行けない、もう・・・と思うとかなりさびしいですね。
これからも、こういうコトがどんどん増えるんでしょうね、アタクシ。
by nonno (2008-05-17 23:30) 

nonno

Morimoさん
ちょっと考えてみたら、アタクシもお気に入りのお店がどんどんなくなっているコトに気がつきました(汗)
街の中のお店が変わっていくのには鈍感になっているんだなぁ、と改めて。
そして、学校のあった街へも長らく行ってませんもん、すごいコトになってそうです。
by nonno (2008-05-17 23:38) 

nonno

キルトさん
そうなんですよ。
肩の力が抜けてる町の洋菓子屋さんのケーキ、明らかにパティスリーのケーキとカテゴリーが違いますよね。
前者の方もアタクシも大スキです。
でも、どっちにしても、双方の中でもレベルの高低ありますよね。ハハハ。
by nonno (2008-05-17 23:41) 

nonno

meshiさん
ありがとうございます~。
そうそう、放り出した時間、最も長かったのは3週間ぐらい。
毎日持って歩いているのだけれど、全く開かず(汗)
その間、他の本を読み始めてしまうと、もう戻れません。ハハハ!
でも、他の本を読む気力もなくて、結果的に、読めました・・・というシダイです。
meshiさんがトライの際には、グロい描写、ダメだったらソコは適当にナナメに読んでくださいね。
子ども時代の味覚形成の修正がダンナサマ、ってステキです~(は~と)
by nonno (2008-05-17 23:49) 

nonno

バニラさん
そうだ!
そうそう、ホッとする味だったんですね~。
美味しいだけじゃなくて、優しくて、子ども時代を思い出す味です♪
美味しいケーキだったら、イマドキは世に溢れてますもんね。
ホッとする味、大切ですね!
by nonno (2008-05-17 23:54) 

nonno

Morimoさん
ご訪問&nice!ありがとうございます。
by nonno (2008-05-17 23:55) 

nonno

夢空さん
ご訪問&nice!ありがとうございます。
by nonno (2008-05-18 19:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。